未来への連携教育

中学三年間

総合的な学習の時間などを通じて
将来の進路について考える

日本大学と連携し、早くから
大学進学を意識付ける

学校行事などを通じて、
グローバル感を養う

  • 進学クラス
  • 特進クラス

特進クラスについて

将来をしっかりと見据えて、国公立大学・難関私立大学や日本大学の医歯薬系学部への進学を目指すクラスであり、3年次からクラス編成します。勉強や部活動に対して向上心が旺盛な生徒が多く、互いに切磋琢磨し合うことで、学校の中核を担う人物へと成長していきます。

クラス編成テスト

高校三年間
  • 進学クラス日本大学進学に向け
    基礎学力を確かなものに
  • 特進クラス難関大学を目指し、
    ワンランク上の授業を展開

2年次コース選択理系文系

  • 体育クラス文武両道を目指し、勉強も
    部活動も本格的に取り組める

文系

豊富なキャリア教育で
進路選択をフォロー

付属校ならではの日本大学への
さまざまな推薦方式

  • 基礎学力選抜
  • 付属特別選抜
  • 国公立併願方式

POINT01

高大連携教育

本校は法学部、経済学部、生産工学部と連携教育の協定を結んでおります。連携教育とは、大学の講義や雰囲気を高校在学中に体験できるシステムのことです。オープンキャンパスで実施される高校生向けの授業とは異なり、本物の大学の講義を大学生と一緒に体験することもできます。さらに、本来大学に入学してから履修する必修科目を入学前に履修し、単位の先取りもできます。

たとえば法学部と経済学部は、高校2・3年次に履修することができます。本校での授業が終わったあと、それぞれのキャンパスで授業を受けることによって、一足早く単位の取得ができ、さらに大学の授業やキャンパスに慣れることができると好評です。

生徒インタビュー

生徒インタビュー水泳部に入ったきっかけ

日大豊山水泳部は、練習環境が充実しています。一番すごいところは、全国トップレベルで活躍している先輩たちの泳ぎを見られることです。目標となる先輩たちを間近で感じながら、ともに高みを目指すことができると思い、入部しました。全国二連覇にむけて、部の一員として日々練習に励みます。

生徒インタビュー豊山中学の勉強について

豊山では、毎朝小テストがあり、曜日によって科目が変わります。このテストを受けることで、授業内容を理解できているのかを知ることができます。また、授業の流れに沿って行われるので、テスト前の復習などにも役立っています。

生徒インタビュー進路について

私は特進クラスで、とても落ち着いた環境の中、集中して勉強することができています。高校でも特進クラスに進学し、志気が高い人たちの中で自分の学力や精神力を鍛え、職業の選択肢を増やし、視野を広げていきたいと思っています。

生徒インタビュー就きたい職業、
必要な学問を知る

私は、以前から父親のように人に携わる仕事に興味を持っていました。しかし、どんな学部・学科で何を学べばいいのか具体的に分かりませんでした。豊山高校で行われる進路適性診断・CASプログラムを通して、自分が何のために働くのかが分かり、就きたい職業に必要な学問を知ることができました。将来、自分が社会に出て活躍するための可能性を見出してくれた良い機会になりました。

生徒インタビュー水泳部での活躍、
成長について

今年、日大豊山は日本大学体育大会60連覇から始まり、都高校、関東高校を制していきました。そして中高合同で全国大会の総合優勝を果たし、最高の成績でシーズンを終えることができました。来年はまた一から日本一を取りにいく気持ちで頑張ります。

生徒インタビュー6年間で学んだこと

私が進路を明確に決めたのは高校2年の時です。それまでは医学部進学はかなり厳しいと言われる程、成績も良くありませんでした。しかし先生方のサポートや励まし、友達の存在のおかげで徐々に成績が上がり、医学部に合格することができました。

生徒インタビュー私のアナザースカイ
「豊山」

中高6年間の豊山で過ごした生活は、多くの友人、先生方に支えられた日々でした。中学では、初めて会う友人と日々の生活を通して友情を育み、先生方の厳しくも愛のある指導によって、一人前の男子となる自覚を持つことができました。中学3年からは特進クラスを選択し、切磋琢磨する仲間を得ました。特に受験期には、先生方が勉強だけでなく、精神面のサポートをしてくださり、とても心強く思いました。加えて、クラスメイトはもちろんのこと、先に進学の決まった友人の励ましが当時の私の大きな心の支えとなっていました。そのため、私は受験期の辛い時期も、学校に行くことが楽しみでした。豊山生活で得られた友人、先生とのつながりは私にとっての宝となりました。豊山はまさに私のアナザースカイ(第2の故郷)です 。

中学時代

中学1、2年時
卓球部に入部し先輩から色々と教わり多くの仲間が増えました。
中学3年時
卓球部の部長となり自信を持って後輩を指導していました。

生徒インタビュー部長を経験し、
学んだ責任感

小さい頃から鉄道や工作が好きだった私は、中学、高校ともに鉄道部に所属し、部長を務めました。

中学2年の頃、私は自分の考えたジオラマを作りたいと発案しました。具体的に何をしたらいいか分かりませんでしたが、先輩方に支えられ教わることで、自分なりに作っていくことができました。しかし高校生になると、自分で考え行動し、指示を出すこと、全てをしなくてはいけません。本当に大変で忙しい日々でした。自分が準備や行動をしなければ部活が成り立たなくなってしまうという「責任」と、今まで先輩方にどれだけ支えられていたかを身をもって経験することができました。この部活を通して学んだ経験を、これからも大切にしていきたいと思います。

中学時代

小学校の時から鉄道が好きで、鉄道部のレベルの高い日大豊山中学校を受験。

中学1、2年時
日々の活動に没頭していた。
中学3年時
鉄道部中学部長となりましたが、やり残したことがあり高校で挽回。