未来への連携教育

中学三年間

総合的な学習の時間などを通じて将来の進路について考える

日本大学と連携し、早くから大学進学を意識付ける

学校行事などを通じて、グローバル感を養う

  • 進学クラス
  • 特進クラス

特進クラスについて

将来をしっかりと見据えて、国公立大学・難関私立大学や日本大学の医歯薬系学部への進学を目指すクラスであり、3年次から1クラス編成します。勉強や部活動に対して向上心が旺盛な生徒が多く、互いに切磋琢磨し合うことで、学校の中核を担う人物へと成長していきます。

クラス編成テスト

高校三年間
  • 進学クラス日本大学進学に向け
    基礎学力を確かなものに
  • 特進クラス難関大学を目指し、
    ワンランク上の授業を展開

2年次コース選択理系文系

  • 体育クラス文武両道を目指し、勉強も
    部活動も本格的に取り組める

文系

豊富なキャリア教育で進路選択をフォロー

付属校ならではの日本大学へのさまざまな推薦方式

  • 基礎学力選抜
  • 付属特別選抜
  • 国公立併願方式

POINT01

高大連携教育

本校は法学部、経済学部、生産工学部と連携教育の協定を結んでおります。連携教育とは、大学の講義や雰囲気を高校在学中に体験できるシステムのことです。オープンキャンパスで実施される高校生向けの授業とは異なり、本物の大学の講義を大学生と一緒に体験することもできます。さらに、本来大学に入学してから履修する必修科目を入学前に履修し、単位の先取りもできます。

たとえば法学部と経済学部は、高校2・3年次に履修することができます。本校での授業が終わったあと、それぞれのキャンパスで授業を受けることによって、一足早く単位の取得ができ、さらに大学の授業やキャンパスに慣れることができると好評です。

生徒・卒業生インタビュー

生徒インタビュー [中学生]これから始まる高校生活

私は仙台在住時に東日本大震災を経験し、それをきっかけに医者になりたいと思うようになりました。豊山中学校は勉強ができる環境が整っており、先生方もとても親身になって指導してくださいます。また、将来の目標をもった仲間も多く、男同士競い合いながらも伸び伸びと勉強できるため、充実した中学校生活を送ることができました。高校では様々な夢をもった新しい仲間が増えるので、部活動や学校行事で沢山の思い出を作りたいです。そして、授業ではより内容の濃く、レベルの高いカリキュラムが組まれているため、自分の目標を見失わず、さらに精進して勉強に取り組んでいきたいと思います。

生徒インタビュー [高校生・豊山中学出身]夢と希望の6年間

私の豊山での思い出は、部活動と勉強の両立です。私は中学生の時から水泳を学び、高校3年間水泳部に所属し活動してきました。厳しい上下関係や練習の中で自分自身大きく成長できたことが財産です。そして、部活動が終わった後は勉強の時間として有効に使いました。限られた時間の中で集中して勉強することで、勉強と部活動を両立させるモチベーションを高く持ち続けることができました。豊山での生活で得たことが今の自分の原動力になっています。

卒業生インタビュー豊山で得たもの

入学当初から獣医になるという将来の目標が決まっていた私にとって、日大豊山は私を様々な視点から物事を考えられる人間に育ててくれました。今では病気に対する治療方針の組み立てなどに大いに役立っています。

学校生活で特に印象に残っているのは,当たり前のように誰とでも挨拶をする環境があったことです。校内では、普段直接関わりを持たない先生方とも挨拶をすることができました。これを続けたことで、決して社交的な性格ではなかった私でも、恥ずかしがらずに挨拶ができるようになりました。

また、定期的に頭髪・服装指導があり、普段から身だしなみを整えているかなど、人として大切なことを教わりました。それらのことが動物を飼う方たちと接する私にはとても役立っています。

男子の成長段階に合わせて教育をしてくれる、それが男子校の最大の魅力だと思います。