日常生活から学ぶ

POINT01

日常的に
英語に触れる環境

本校には多数の外国人講師がおり、各学年の行事にも参加をします。授業や学校生活を通して異文化交流をすることによって、日本と海外の違いを学ぶことが出来ます。

さらに、言葉の壁を乗り越えたときの感動は大きく、もっと英語を勉強したい、異文化を知りたい、国際的な仕事に就きたいといった新たな目標ができ、将来にも大きな影響を与えてくれることでしょう。

POINT02

フリートーキング
プログラム

アクティブラーニングの一環として、放課後にコモンスペースでネイティブ講師と自由に会話することができます。

日常会話の繰り返しによって、英語力を高めることを目標としています。多くの生徒がコモンスペースを利用し、英語力と同時にコミュニケーション能力を磨く姿勢が日常的に養われています。

海外研修から学ぶ

様々な語学研修

日本の家族のもとを離れ、異国の地で生活することはこれまでに経験したことのないような不安と困難が待っています。
特に、必要に迫られて英語を使うという経験はとても貴重なものです。はじめは戸惑いながらも、知っている単語やジェスチャーを使いながらコミュニケーションを図ることで自信を持ち、積極的に様々な国の人と人間関係を築けるようになります。
また、研修を共にし、助け合った仲間同士の絆が深まり、学年を超えた友情を育むこともできます。

POINT01

語学研修ホームステイ

イギリス・ケント州ラムズゲート[ 17日間 ]
本校主催/希望制 中学2年生~高校2年生対象

17日間にわたるホームステイと語学研修は、生徒の精神面にも影響を与え、一回り大きくなって戻ってきます。インターナショナルな環境で、世界各国からの留学生と一緒に現地協力校で授業を受けます。一日中、英語を使用する環境なのでリスニング能力とコミュニケーション能力が一段と向上します。
また、語学研修だけでなく、休日には地元の観光施設やイギリスの文化に直に触れるチャンスが多いことも魅力です。

POINT02

ケンブリッジ研修

イギリス・ケンブリッジ大学[ 17日間 ]
日本大学主催/選抜制 日本大学全付属高校生対象

コミュニケーション能力を高める語学研修を年に2回(春・夏)、ケンブリッジ大学で実施しています。17日間のプログラムで、ドミトリー生活をしながら勉強し、イギリスの文化、歴史、習慣に触れたり、他の日本大学付属高校(24校)の高校生との交流を持つことを目的としています。

  • サマープログラム(7月・8月)
  • イースタープログラム(3月・4月)
ケンブリッジ研修スケジュール(平成28年度実施)
1日目 出発
ケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジに到着。
夜はウェルカムビュッフェ。
2日目~
16日目
  • ランゲージテスト(クラス分けテスト)
  • 市内ツアー
  • サマータイム移行を体験
  • オックスフォード1Dayトリップ
  • ヒルトンホテルでコースディナー
  • 修了証書授与式
17日目 帰国
羽田空港到着、解散