平成25年度の行事写真

中学体育大会

薄曇りの中、7日(月)に中台総合グラウンドで行われた中学体育大会。

5日は天候不良で延期になり、予備日の開催となりました。平日の関わらず大勢の保護者の方にいらしていただきありがとうございました。

午前中は豊山体操から始まり、各学年白熱した個人競技が行われました。

1年生のムカデ競走は、蝶々結びが素早く結べるかがポイント。苦戦して結び終わったら息を合わせて足を進めなくてはならず、掛け声をかけあいながら懸命にゴールを目指していました。

午前最後は各学年の団体競技が行われました。

3年生の棒引きは、クラスとクラスの威信をかけた戦いが繰り広げられました。11本の棒を2クラスで奪い合う様はまさに「戦」。男たちの熱いぶつかり合いに、観客の方々も盛り上がりました。

2年生は騎馬戦。はじめは見合っての膠着状態でしたが、後半は帽子を奪い、守りの攻防戦が繰り広げられました。先生も混ざって騎馬を組み、生徒も教員も一丸となって勝負を盛りたてました。

1年生は綱引きです。「もっと腰を低く!」「後ろに倒れるように引くんだよ!」他学年の先生も総出でアドバイスをします。決勝戦には担任も参加し、会場が一つになって応援しました。

他にも、ご来場いただいた方々に参加していただく「綱引き」には、校長・中学教頭も参加し、会場を盛り上げてくれました。豪華景品は、各ご家庭でお役に立っていらっしゃるでしょうか?

また、「部活対抗リレー」は、各部活のプライドとユニークなパフォーマンスが見所です。今年も理科部はスライムを作成するビーカーを、英語部は旗をバトンに代わりにトラックを走り抜けました。今年も体操部は、華麗にバク宙などの技を見せつけてくれました!

野球部やサッカー部などは、選抜6名が本気で走ります。今年の1位はバスケットボール部でした!赤やピンクのユニホームが、グランドを明るく彩り、体育大会の盛り上げに一役買ってくれました。

午後の部が始まるころには、雲間から太陽が覗き暑いくらいの陽気になりました。そんな中、体育大会名物の「相撲体操」で午後の競技が始まります。

全学年の生徒が声を合わせて一つの動きをする様は壮観です。

2年生の目玉、あめ食い競争。容器の中に入った小麦粉に埋まった飴玉を手を使わずに探す競技。みんな顔を真っ白にしながら、笑顔でゴールしていました。

最後の競技は、各学年のクラス対抗リレー。クラスの選抜10名が、1位を目指して走ります。3年生のリレーには教員チームも参加し、生徒と一緒に走りました。生徒にとっては必死、教員にとっては嬉しいひと時でした。

各クラス、本気になりぶつかりあった体育大会。優勝したクラスも、そうでないクラスも晴れやかな顔をしていました。

閉会式では、大きな声で校歌を歌い、熱く燃えた体育大会は、秋のさわやかな風の中終了しました。

ご来場いただきました、保護者の皆さま、関係者の方々ありがとうございました。

行事一覧ページに戻る