平成25年度の行事写真

中学芸術鑑賞教室

10月28日(月)中学校の芸術鑑賞教室を実施しました。

今年度は『日本の笑い』と題し、狂言・落語を鑑賞させていただきました。

まずは、大蔵流狂言「棒縛り」と「柿山伏」を鑑賞しました。

「狂言」という言葉は聞いたことがあっても、実際に生でその舞台を鑑賞するのは初めてという生徒が多く、舞台上に何のセットもなく、普段聞きなれない言葉遣いで進められる劇に初めは戸惑う生徒も多かったようです。しかし、劇が進むにつれて自分の頭の中でイメージを膨らませながら鑑賞していました。鑑賞後にはワークショップも行われ、各クラスの代表生徒が実際に足袋を履いて、狂言の立ち方・歩き方を教えていただいたり、狂言のセリフや擬音を教えていただきました。

狂言につづいて、柳家さん喬氏の落語を鑑賞しました。噺家の巧みな話術を堪能し、鑑賞中に声をあげて笑っている生徒が大勢いました。

今回の芸術鑑賞教室は日本の伝統的な狂言・落語というシンプルな劇や話の中に喜びや楽しみを見出すという、元来日本人がもっていた豊かな感性を学ぶ良い機会になったのではないかと思います。

行事一覧ページに戻る