生徒インタビュー

生徒

生徒インタビュー豊山の教育の特長について

私は放課後、毎日自習室に行き、宿題と勉強は全て学校で終わらせて帰宅します。分からない問題は先生方に質問をするのですが、緊張のあまり分かったふりをしてしまうことが多々あります。そこで毎回必ず利用しているのがチューター支援プログラムです。チューターには恥ずかしがらずに、理解するまで何度でも質問をぶつけることができます。復習中心の勉強でしたが、最近は予習もできるようになりました。

生徒インタビュー語学研修で学んだこと

私が語学研修で得たものはチャレンジ精神です。語学研修では、英語でしか相手に自分の意見や気持ちを伝えられません。私は元々消極的な性格なので、全てにおいて不安しかありませんでした。しかし黙っていても仕方がないので、勇気を出して違う国の人に話しかけてみました。すると相手の方は私のつたない英語をしっかり聞いて、優しく丁寧に返答してくれました。話してみると本当に楽しく、それまで不安に思っていたことが嘘のように思えました。この体験が、たくさんの人に積極的に話しかけ、深く英語を学びたいと思うきっかけになりました。
語学研修を通して内面的に大きく成長ができたと強く実感しています。

生徒
生徒

生徒インタビュー豊山の
グローバル教育について

私は、英語の読み書きに力を入れて勉強してきました。しかし、コミュニケーションに必要な、聞く・話す能力が全く足りていないことに高校1年の中頃から気づき始めました。そこで、日大のスピーチコンテストへの出場を決め、フリートーキングプログラムの中でネイティブの先生に相談しながら原稿を考えました。その過程では、英語で会話せざるを得ないので、自然と会話する力がついてきて、英語を話すことが楽しくなってきました。今後も、英語を聞く・話す能力を上げることを重視しながら勉強していこうと思います。

生徒インタビュー文武両道を貫いた

私は3年間野球部に所属していました。付属校ということもあり、部活動に熱中することができ、テスト前には休みもあるので、文武両道を実践しやすい環境でした。勉強を教え合い刺激を与え合う仲間もたくさんできました。日本大学出身の先生方も多く、自分のやりたいことを実現するにはどの学部学科に進めばよいのか、早い段階から先生方に相談できたことがよかったです。

生徒
生徒

生徒インタビュー充実した環境

日大豊山の良いところは環境が整っているところです。施設や設備はもちろんですが、学習面でのサポートも充実しています。特に特進クラスでは高校3年生になると毎日午前のみ必修授業があり、午後の時間を自由選択制の授業として使うことができます。私はこの時間を使い、先生方に相談や質問をしながら今後の予定を自分で決めて勉強を進めました。そのおかげで自然と自己管理能力が身につきました。私が志望大学に合格できたのも豊山での充実した環境があったからこそだと思います。