本校の換気システムについて

本校の換気システムについて

本校校舎は2016年に竣工された新しい建造物であり、アリーナにはエアコンの他に最新の換気システムが完備されております。換気システムはビル管理法(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)における空気環境システムの調整に関する基準に適合しており、必要換気量(一人あたり毎時30㎥(=基準法の1.5倍の換気量))を満たし十分な換気機能を備えております。具体的には給気量が毎時38.360㎥あり、外気量だけでも19.360㎥を確保できます。アリーナは1,800名収容可能な3層吹き抜けの空間になっており、十分なソーシャルディスタンスの確保を前提としても685名までの収容が可能となります。

同様に各教室の換気設備仕様については、換気方式全熱交換器による換気を採用、全熱交換器に加湿器を組込み、換気量は毎時1.300㎥を確保し、一人あたり毎時30㎥(=基準法の1.5倍の換気量)となることから基準法一人あたり20㎥の1.5倍の換気量を有しています。