将来を見据えた
キャリア教育

凜とした男子力を備えた社会人として、さまざまな分野に貢献する人材の育成を目指します。そのために、まず自分を知り、自分が将来どのように生きていくのかを考えさせます。

キャリア教育の入り口、日大学部見学会について

中学3年の生徒全員を対象に、日本大学の学部見学会を行っています。
ねらいや参加生徒へのインタビューなどを下記サイトに掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

中学校

[中学1年]
職業インタビュー

「働く」に興味を持つ

身近な人物に職業に関するインタビューを行い、働くことについて考えます。また総合学習の中で教科横断的な学習を行うことで、広い視野を養い、自分の興味の対象を広げていきます。

[中学2年]
職場訪問

様々な仕事を知る

職業体験プログラムを利用して、班ごとに職場訪問を行います。インタビューを行い、働くことの楽しさを知ります。訪問後、報告会を行い、様々な職業や生き方があることを学びます。

[中学3年]
学部見学

進路と仕事を繋げる

興味のある職業について調べ学習を行い、その上で関連する日本大学の学部見学を行います。自分の興味対象と将来像、進路との連結を行うことで、学習へのモチベーションを高めます。

高等学校

高校1年

卒業生
講演会

卒業生を招き、受験に必要な心構え・事前準備の方法・学習のペース等を話してもらいます。豊山の先輩として在校生へ向けたメッセージは、よく生徒の心に響き、良い影響を与えてくれます。

社会人セミナー
(キャリア教育)

社会の第一線で活躍している様々な職種の方を講師として招き、自身の仕事に取り組む考え方や経験談を語っていただく講義です。講師の先生方の履歴書を見て、受講講座を選択します。

進路
適性検査

自身のもつ適性について、客観的に知ることができます。どのような個性をもち、どの職業が自分に合っているのか、これをきっかけに考え始めることができます。進路選択の動機づけとなります。

コース選択
ガイダンス

文系・理系の選択をする上で、重視すべきポイントをまず理解してもらいます。そして志望校決定までのステップを明確にし、どう行動していけば良いのかを考えていきます。

高校2年

大学
模擬授業体験

日本大学文理学部の模擬授業を受けることができます。興味のある科目の模擬授業を受けることで、学問を追求すると、どのような研究に行き当たるのかを知り、進路選択につなげていきます。

キャリア&分野選択
ガイダンス

情報収集が不可欠な職業選択・大学選択において、どのような情報を得るべきなのかを知ります。オープンキャンパスで何を見てくるべきなのか、社会で求められている力は何なのかを学びます。

小論文(志望理由書)
講演会

大学進学のための志望理由書を書くことにより、自分の進路適性を見つめ直し、ミスマッチのない進路選択を実現します。講演会では、高校・大学で指導している講師を招き、志望理由書の書き方のイロハから説明・添削も行います。

日本大学
学部説明会

日本大学各学部の講師から、学部の概要や特徴について、講義をしていただきます。日本大学進学を希望している生徒にとって、明確に学部のイメージを掴む機会となります。

高校3年

面接指導
講演会

受験を控え、面接における注意点を学びます。話し方・内容・姿勢・準備する事がら等、具体的に実践を交えて学んでいきます。大学進学へとつながる重要なステップの一つとなります。

高大連携教育に基づく科目等
履修生制度

高校在学中の放課後に、日本大学の法学部・経済学部・生産工学部の授業を受講することができる制度です。試験に合格すると、その学部に進学した際に、単位が認定されます。

基礎学力到達度テスト
対策講座

日本大学進学のために行われる「基礎学力到達度テスト」を見据え、各学年で講習を行い、対策をしています。自身の進路を左右するテストに向けて、特に高校3年生で多くの講座を実施しています。