未来への連携教育

中学三年間

総合的な学習の時間などを通じて
将来の進路について考える

日本大学と連携し、早くから
大学進学を意識付ける

学校行事などを通じて、
グローバル感を養う

  • 進学クラス
  • 特進クラス

特進クラスについて

将来をしっかりと見据えて、国公立大学・難関私立大学や日本大学の医歯薬系学部への進学を目指すクラスであり、3年次からクラス編成します。勉強や部活動に対して向上心が旺盛な生徒が多く、互いに切磋琢磨し合うことで、学校の中核を担う人物へと成長していきます。

クラス編成テスト

高校三年間
  • 進学クラス日本大学進学に向け
    基礎学力を確かなものに
  • 特進クラス難関大学を目指し、
    ワンランク上の授業を展開

2年次コース選択理系文系

  • 体育クラス文武両道を目指し、勉強も
    部活動も本格的に取り組める

文系

豊富なキャリア教育で
進路選択をフォロー

付属校ならではの日本大学への
さまざまな推薦方式

  • 基礎学力選抜
  • 付属特別選抜
  • 国公立併願方式

POINT01

高大連携教育

本校は法学部、経済学部、生産工学部と連携教育の協定を結んでおります。連携教育とは、大学の講義や雰囲気を高校在学中に体験できるシステムのことです。オープンキャンパスで実施される高校生向けの授業とは異なり、本物の大学の講義を大学生と一緒に体験することもできます。さらに、本来大学に入学してから履修する必修科目を入学前に履修し、単位の先取りもできます。

たとえば法学部と経済学部は、高校2・3年次に履修することができます。本校での授業が終わったあと、それぞれのキャンパスで授業を受けることによって、一足早く単位の取得ができ、さらに大学の授業やキャンパスに慣れることができると好評です。

生徒インタビュー

生徒インタビュー鉄道部に入ったきっかけ

鉄道部では、JAM(国際模型コンベンション)や豊山祭に向けて、大きな鉄道ジオラマ制作や鉄道写真撮影の遠征など幅広く活動しています。ジオラマ制作の経験がなくても先輩が優しく丁寧に教えてくださり、共通の趣味を持つ友人もできて毎日が充実しています。

生徒インタビュー豊山中学の勉強について

豊山では、定期テストのほかに毎朝小テストがあります。授業の大切なことが出題されるので、復習になり、自分の苦手なところが把握できます。分からないことをそのままにしないので日々の学習が定着しやすくなります。小テストではありますが、大切なテストだと思って取り組んでいます。

生徒インタビュー進路について

私は特進クラスで一年間を過ごし、学問に集中できる環境でありながらも、新しい目標や挑戦を見つけることができた一年間でした。高校で特進クラスに入ったら、視野を海外にも広げて留学などを目指していきたいと思っています。

生徒インタビュー水泳部での成長

体育クラスでは勉強もしつつ競技に集中できます。様々な競技の仲間がいるので、クラスメイトが試合で結果を出すととても良い刺激になります。練習は中学生の倍になり、かなりきつい時もありますが、仲間とともに悩み乗り越えることで結果が出たときの喜びはより一層のものがあります。来年のインターハイは3連覇がかかっています。仲間と切磋琢磨し、最高の結果で終われるように頑張っていきます。

生徒インタビュー夢を叶えるためには

私が豊山に入学したのは、中学生の時です。当時から将来は警察官になりたいと思っていましたが、ただ漠然と「なりたい」と思っていただけでした。しかし高校に進学すると、CASプログラムや16歳の仕事塾などの行事があり、それによって夢の実現のためには自分が何をすべきかを考えられるようになりました。

生徒インタビュー豊山で人は変われる

中学生の時は、遊び優先の生活をしていましたが、小さな目標ができ、高校生になって特進クラスに入ることができました。そして、クラスメイトや先生方の雰囲気にも触発され、学力・精神共に成長し、変わることができました。このように、日大豊山は良い方向への変化を促すような雰囲気のある学校です。

生徒インタビュー私の思い

この日大豊山に通い続けて、私は大きく成長できたと思っています。先生方の協力があってのことですが、ここまで来るのに友人たちの存在が1番大きかったと感じています。辛いことがあったら支えてもらい、友人が辛いときは支える。それを繰り返していくうちに呼吸をするかのように相手に返していくことができるようになり、入学した時よりもかなり成長できたと、今では強く思えます。部活動では文芸部の部長をやらせてもらい、他の部活では経験できないような文芸部ならではの経験をたくさんしました。私はその度に成長するチャンスをもらい、今では感謝しきれないくらいです。この日大豊山という環境があったからこそ、とても大きく成長できたと思っています。

中学生時代

中学に入学して、さまざまなことに挑戦しました。

中学1、2年次
文芸部に入部。部員と協力して初めて部誌を完成させました。
中学3年次
豊山祭では部誌を配布するだけでなく、個人としてステージ部門にも参加しました。

生徒インタビュー豊山での出会いが自分を成長させた

初めて豊山に来たのは、小学5年生の時で、体操部の練習に参加させてもらう為でした。先輩方は皆優しく指導して下さり、とても大人に見えました。入学後、すぐに体操部に入部しました。毎日の練習が楽しみになり、休みたくないので、成績が下がらないように勉強も頑張りました。特に、先生方やコーチ、先輩、同級生、後輩との出会いが私を大きく成長させてくれたと思います。
高校生になるとあっという間に部長になっていました。急に責任がのしかかり、悩んだこともありましたが、周りの方々の力を借り、自分なりに頑張れたと思います。そして、団体でも個人でも成績を残すことができ、NTCの強化練習に参加することもできました。大学進学後も自分の納得がいくまで体操競技を続けていくつもりです。豊山で出会ったすべての人が、これからの私の心の支えになると確信しています。

中学生時代

勉強と部活を両立させるため、努力しました。

中学1、2年次
苦手な勉強も地道に取り組んだため、だんだんと成績が上がってきました。
中学3年次
体操部では先輩後輩に刺激を受けながら、自信を持って競技に取り組みました。