未来への連携教育

中学三年間

総合的な学習の時間などを通じて、
将来の進路について考える

日本大学と連携し、早くから
大学進学を意識付ける

学校行事などを通じて、
グローバルな視点を養う

  • 進学コース
  • 特進コース

特進コースについて

国公立大学・難関私立大学や日本大学の医歯薬系学部への進学を目指すコースであり、3年次からクラス編成します。勉強に対して向上心のある生徒が多く、互いに切磋琢磨し合うことで、将来に向けて、確かな学力を身につけていきます。
高校三年間
  • 進学コース日本大学進学に向け、
    基礎学力を
    確かなものに
  • 特進コース難関大学を目指し、
    ワンランク上の
    授業を展開

2年次コース選択理系文系

  • スポーツコース文武両道を目指し、
    勉強も部活動も
    本格的に取り組める

文系

豊富なキャリア教育で
進路選択をフォロー

付属校ならではの日本大学への
さまざまな推薦方式

  • 基礎学力選抜
  • 付属特別選抜
  • 国公立併願方式

POINT01

大学との連携教育

本校は法学部、経済学部、生産工学部と連携教育の協定を結んでおります。連携教育とは、大学の講義や雰囲気を高校在学中に体験できるシステムのことです。オープンキャンパスで実施される高校生向けの授業とは異なり、本物の大学の講義を大学生と一緒に体験することができます。さらに、本来大学に入学してから履修する必修科目を入学前に履修する、単位の先取りもできます。

たとえば法学部と経済学部は、高校2・3年次に履修することができます。本校での授業が終わったあと、それぞれのキャンパスで授業を受けることによって、一足早く単位の取得ができ、さらに大学の授業やキャンパスに慣れることができると好評です。

POINT02

日本大学への推薦

基礎学力選抜

日本大学の全付属高校生が受験する基礎学力到達度テストの成績(高校1年4月を除く全3回)によって選抜されます。

付属特別選抜

高校3年間の校内での成績をもとに、各学部のアドミッション・ポリシーに基づいて示される基準を満たす者が出願できます。

国公立併願方式

学部によっては基礎学力到達度テストの成績により、日本大学への推薦を有したまま国公立大学にチャレンジできる方式を導入しています。

生徒インタビュー

生徒インタビュー環境と先生方に恵まれた3年間

日大豊山中学校で過ごした3年間は私を大きく成長させてくれたと感じます。私が成長できたのは先生方が熱心に指導してくださったおかげだと思います。私は3年生で特進コースに進むことができました。
豊山は日本大学付属校唯一の男子校ですので、周りの目を気にせず、色々なことに励むことができます。また、早い段階から大学、学部、将来について考えられることも豊山の良いところです。豊山は勉強だけでなく、部活動にも熱心な生徒が多いです。私は3年間ソフトテニス部に所属していました。顧問の先生方の支えや日々の練習において仲間と切磋琢磨できたことで、3年間部活動を続けられたと思います。このように、勉強と部活動を両立することができているのは、自分を活かすことのできる良い環境が豊山にあるからだと思います。引き続き恵まれた環境の中で充実した高校生活を送りたいと思います。

生徒インタビュー中高一貫だからこそ得られる人間関係

私は日大豊山で6年間を過ごし自分自身を大いに成長させることができました。その中でも部活動、勉強・進路に分けて、お伝えしたいと思います。部活動では模型部に所属し中高一貫校だからこそ高校生の先輩ができ、上下関係を学びつつ文化祭に向けて共同製作を行いました。

勉強においては中学時代に英語のスピーチコンテストに参加し、英語で自分の伝えたいことを話す楽しさを学びました。また、高校時代は数学が嫌いになりかけた時、先生から数学は元より勉強をする意味を教えていただけたことにより学習意欲が向上し、基礎学力到達度試験に向けて自信を持って挑むことができました。そして面接の練習は他学年の先生にも指導していただき、自信を持って面接試験を受けることができ、無事に進学することができました。日大豊山は色々な方が気さくに接してくださるので不自由なく自分らしく生活することができました。