生徒インタビュー

生徒

2020年度 高校3年 進学コース
日本大学 生物資源科学部 動物資源科学科 進学

生徒インタビュー生き物と過ごした3年間

私が豊山に入学しようと決めたきっかけは、親の勧めで行った文化祭でした。校内はとても綺麗で生徒がきちんと挨拶をしているのを見てこの学校に入学してみたいと思いました。

私は3年間部活動と学業に励んできました。入学時は学年でかなり低い順位でしたがこのままでは大学に行くことができないと思い必死になって勉強しました。その結果希望の学科に入学が決まりすごく嬉しかったです。また私は人見知りで初対面の人とはあまり会話ができなかったのですが、部活動や委員会を通して様々な人たちと会話をしたことで誰とでも気さくに会話ができるほどコミュニケーション力がつきました。

私は3年間生物部に所属し様々な生き物の飼育、繁殖、生態について学びました。文化祭では生体の展示のしかたや説明などを先輩方や後輩と話し合いを重ね実行することができました。その結果2年連続最優秀展示賞を取ることができてすごく嬉しかったです。このような沢山のことを経験できて私は豊山に入学できて幸せだったと思います。

大学ではさらに動物について専門的知識を学び将来野生動物に関わる職業に就きたいと思います。豊山で学んできたことをこれからの人生の糧として、様々なことにチャレンジしていきます。

生徒インタビュー文武両道を達成するには

私は高校3年間で文武両道を目標に掲げ生活する中で、勉学面と人間性の面でたくさんのことを学び、成長することができました。成長させてくれたのは豊山の野球部での3年間でした。

まず勉学面で成長したことは継続することです。野球部に所属しながら毎日少ない時間を利用して勉強をしました。継続をすることができた理由は、練習を毎日続けることで少しずつ成長する楽しさを野球部で学ぶことができたからです。その継続する力を活かすことで、校内でも上位の成績を残すことができました。

そして、人間性の面で学んだことは逆境への立ち向かい方です。私は野球部の主将としてたくさんの困難にぶつかってきました。チーム内のモチベーションの統一や、練習の意識の高さの差を埋めることなどです。さらに今年の夏の甲子園が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、主将としてとても大きな逆境に立ちました。初めは立ち直ることができずに落ち込み、チームに対して声をかけることができず時間だけが過ぎていきました。しかし監督から「逆境こそ成長のチャンス」という言葉をかけていただいて、自分を奮い立たせチームを代替大会に向けて一つにまとめることができました。野球部の主将としての経験はこの3年間で最も大きな財産になりました。

文武両道。言うことは簡単ですが、達成するのはとても難しいことです。私はたくさんの仲間と先生方の支えがあって達成することができたと思います。この経験に感謝して、次のステージでも、自分なりの文武両道を目指していきます。

生徒

2020年度 高校3年 体育コース
学習院大学 文学部 ドイツ語圏文化学科 進学

生徒

2020年度 高校3年 進学コース
東京理科大学 工学部 建築学科 進学

生徒インタビューありがとう豊山

学校の手厚いサポートが志望大学に進学できた要因だと思います。

わからないところがあって、授業の後に質問しても、優しく丁寧に教えてくださいました。また、ただ過去問を配るだけではなく、授業でそれを解説したり、授業で使ったスライドを配布してくださったお陰で、基礎学力到達度テストの勉強をスムーズに進めることができました。他にもチューターの方に相談ができたり、ネイティブ講師と放課後に会話ができるフリートーキングプログラムなど、学校の先生では対応しきれないようなところまで充実しています。

このようなサポートを積極的に活用することで、志望した大学に進学することができました。

生徒インタビュー自分に合った習慣作り

私は部活動に積極的に参加しつつ、日々の定期テストで結果を出せるよう力を入れることで、自分への自信が少しでも下がらないようにしていました。私は少しネガティブな所があるため、部の活動を疎かにしてしまったり、自信が下がってはどんどん成績も下がってしまうと思い、定期テストは自分の納得のいく結果が出るように備えていました。部活動を引退後は、まず勉強をする習慣作りから始めました。毎日1秒でもいいので椅子に座りペンを持つという行為をすることで、体を慣れさせていきました。その結果、自分に自信をもちながら日々の努力を続けることができ、第一志望に合格することができました。

生徒

2020年度 高校3年 進学コース
日本大学 理工学部 建築学科 進学