各教科の特色

数学

数学は受験科目でもあり、ある程度の計算能力を有した子どもが進学してきているので授業自体の進度は速くなります。ただ、受験の弊害もあり、答えを出すことが第一になり、人に説明し理解させるように式を丁寧に書き解答欄を完成させることが苦手なようです。そのため、中学では高校での勉強にむけて途中式を書くことを徹底し、式の計算などでも途中式を丁寧に具体的に書くように指導しています。数学検定は1年で5級、2年で4級、3年で3級を受検し、全員合格を目指しています。

英語

高校で実施する、日本大学への推薦試験である「基礎学力到達度テスト」に向けて、4技能を意識した英語学習を行っております。各学年で習熟度別にクラスを分けて英会話の授業を実施し、一人ひとりが英語に触れる時間を増やしています。また、学校として英語検定の受検を必須としており、合格のための補習も各級で実施しています。毎年3学期にはスピーチコンテストを実施し、全校生徒の前で自ら考えてきたスピーチを発表します。普段の授業はもちろん、行事にも積極的に参加することで総合的な英語力の向上を目指しています。

理科

生徒が自ら学ぶきっかけを与えること。これを第一に教科指導しています。授業では、視覚、聴覚、嗅覚…あらゆる方向から生徒にアプローチします。授業準備の段階では、どうしたら生徒の興味・関心を引き起こせるかを考えるのに最も長い時間を費やし、授業で使えるネタがどこかに落ちていないか常に考えながら生活しています。なるほどと思う感動と理解したときの喜びを感じることができれば生徒たちは自然と伸びていくはずです。生徒たちの「わかった!」と喜ぶときの笑顔を原動力にして、私も日々成長できるよう頑張っています。

国語

高校および大学進学を見据えつつ、基礎的な国語力の充実を目指しています。語彙力を養う一環として、中学卒業時までに漢字検定3級合格を目標に掲げ、学校行事として取り組んでいます。また、同じく学校行事である百人一首かるた大会を通じて古典文化に親しむなど、ときには楽しみながら、意欲を持って学ぶ姿勢を大切にしています。「読む・書く・聞く・話す」諸分野にわたる活動を通して、豊かな思考力や読解力の育成をはかっています。

社会

授業において生徒と会話をすることを最も大事にしています。会話の中で生徒が何を考え、何を感じ、どう思うのかを教えてもらい、クラス全体に問いかけることで興味・関心を持ってもらい、生徒の知識の幅を広げようと努めています。また、社会科という科目を通して、過去・現在・未来の様々な出来事・問題に対して、自ら学び・考え・行動する力を身に付けてもらいたいと願っています。

保健体育

保健体育では、体育実技・保健を通じて豊かな生活をする上で欠かすことのできない健康の維持と体力の向上について勉強します。中学生の時期は心も体も大きく成長します。この時期に保健体育で学ぶことは、健康的な生活に大きく作用するものです。たくさんの知識を得て、楽しく体を動かし生涯を通して健康に過ごせる力を身につけてもらいたいと思います。