日常生活から学ぶ

POINT01

校内英語
スピーチコンテスト

本校では、毎年希望者を対象にした「校内英語スピーチコンテスト」を開催し、英語のスピーキング能力向上に努めています。なお、高校では各付属校の代表者が一堂に会する英語スピーチコンテストが開催されます。

POINT02

フリートーキング
プログラム

アクティブラーニングの一環として、放課後にコモンスペースにてネイティブ講師と自由に会話することができます。日常会話を繰り返すことで、コミュニケーション能力を高めることを目標としています。多くの生徒がコモンスペースを利用し、コミュニケーション能力と同時に英語力を磨く姿勢が日常的に養われています。

海外研修から学ぶ

様々な語学研修

日本の家族のもとを離れ、異国の地で生活することはこれまでに経験したことのないような不安と困難が待っています。
特に、必要に迫られて英語を使うという経験はとても貴重なものです。はじめは戸惑いながらも、知っている単語やジェスチャーを使いながらコミュニケーションを図ることで自信を持ち、積極的に様々な国の人と人間関係を築けるようになります。
また、研修を共にし、助け合った仲間同士の絆が深まり、学年を超えた友情を育むこともできます。

POINT01

語学研修
ホームステイ

カナダ・オンタリオ州オーウェンサウンド
[ 17日間 ]
本校主催/希望制 
中学2年生~高校2年生対象

中学2年生〜高校2年生の希望者を対象として、夏休みに語学研修ホームステイを実施しています。カナダ・オンタリオ州オーウェンサウンドでの17日間にわたるホームステイと語学研修は、生徒の精神面にも影響を与え、一回り大きくなって戻ってきます。

インターナショナルな環境で、バディと一緒に現地協力校で授業を受けます。一日中、英語を使用する環境なのでリスニング能力とコミュニケーション能力が一段と向上します。

また、語学研修だけでなく、休日には地元の観光施設やカナダの文化に直に触れるチャンスが多いことも魅力です。

POINT02

ケンブリッジ研修

イギリス・ケンブリッジ大学
[ 17日間 ]
日本大学主催/選抜制 
日本大学全付属高校生対象

日本大学全付属高校生を対象に、コミュニケーション能力を高める語学研修を年に2回(春・夏)、ケンブリッジ大学で実施しています。17日間のプログラムで、ドミトリー生活をしながら勉強し、イギリスの文化、歴史、習慣に触れたり、他の日本大学付属高校(26校)の高校生との交流を持つことを目的のひとつとしています。

生徒インタビュー

生徒インタビューカナダの思い出

私が海外語学研修に参加したのは、海外で生活してみたいという思いからでした。出発前は会話が通じるか不安でしたが、すぐに打ち解けることができ、毎日がとても楽しく、あっという間に感じました。私のホストマザーは音楽の先生だったので、家に多くの楽器があり、トロンボーンを教えてもらったり、ピアノで連弾をしたりして楽しかったです。また、現地の学校では一緒に授業を受ける中高生と休み時間にバスケットボールやカードゲームをして遊んだり、会話をすることですぐ友達になりました。

海外語学研修でカナダの文化に直接触れることができ、英語への苦手意識がなくなりました。海外でできた友達とは最近でも定期的に連絡を取り合っています。この体験はかけがえのない経験となりました。

生徒インタビューケンブリッジ研修を終えて

ケンブリッジ研修は、26校の日本大学付属高校から選抜された生徒が学校代表としてケンブリッジ大学ペンブルックカレッジで寮生活をしながら、イギリスの文化や歴史を学びます。私自身、とても緊張し不安が大きかったのですが、各校の生徒達とともに、実際に現地で英語を使って会話をしたり、海外の文化に触れたりすることができました。また、付属生は大変優秀な方々だったのでたくさん刺激を受け、その後の勉強に対してのモチベーションアップに繋がりました。この研修を通して、視野が広がり日本だけでなく世界の歴史や文化、経済にも興味を持ちはじめました。

世界有数の大学であるケンブリッジ大学での授業や仲間達との生活は私を人として成長させてくれた最高の時間でした。