進学・合格実績

進学実績

合格実績
日本大学 国公立大学 他私立大学
  • 法学部
  • 文理学部
  • 経済学部
  • 商学部
  • 理工学部
  • 生産工学部
  • 医学部
  • 歯学部
  • 生物資源科学部
  • 薬学部
  • 東京学芸大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 東京理科大学
  • 学習院大学
  • 明治大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 明治薬科大学
  • 東京薬科大学
  • 芝浦工業大学
  • 國學院大學
  • Palomar College

進路状況について くわしくはこちら

Q&A

特進コースに入るには、どのような条件がありますか?

高校入試の結果やクラス編成テストの結果等を踏まえ、希望を募って選考します。豊山中学校出身者と混合で編成されます。

コースが違っていても、日本大学、難関私立大学推薦に影響はないのですか?

スポーツコース、進学コース、特進コースとそれぞれ授業、試験が異なりますが、年に数回の実力テスト、共通テストを実施し、総合的に推薦の生徒を決定しますので影響はありません。特進コースには、いくつかの条件と制限があります。

生徒・先生インタビュー

生徒

生徒インタビュー勉強に適した環境

私は特進コースにいることで、勉強に対する姿勢が大きく変化したと思います。なぜなら、特進コースは他大学へ進学する生徒も多く、勉強への意欲が非常に高いため、周りのレベルについていくために自然に勉強に取り組むようになるからです。勉強は学年が上がるにつれてより難しくなり、3年生では受験を視野に入れた授業になりますが、授業内で分からない問題があっても授業後や放課後に先生に聞きに行くことができるため、勉強に対する不安は少なかったです。クラスの雰囲気はとても明るく賑やかで、授業中は真剣に授業を聞いているメリハリのあるクラスだったと思います。豊山は様々な設備が整っており、学業や学校生活において充実した3年間を過ごせました。

先生インタビューY・K君について

K君とは高校3年間担任として、かつ物理部の顧問として接してきました。その中で彼の特徴の一つは、やはり「関心の広さ」です。それも単に関心を持っているだけではなく、それぞれの分野に造詣が深く、分野を横断して議論をすることができました。クラスメイトが大学進学後の目標に向かって教科の細分化が進んでいく中、大変稀有な存在でした。このような汎用的視点を持ったK君は、まさに「高校教科」の専門家といっても良いのではないでしょうか。また、問題に対する洞察力に優れ、疑問を持てば自作の実験も行い、理解を深める等、高い美意識を持っていました。将来、彼は半導体工学を中心に研究し、社会貢献をしていきたいと考えています。その恩恵を是非受けたいと考え、今後の活躍に期待します。

先生