特色

難関大学を目指し、ワンランク上の授業を展開。
生徒が互いに意識して勉強に取り組めるクラス。

進学クラスとは異なる独自のカリキュラムで、ハイレベルな授業を展開しています。国公立・難関私立大学、日本大学難関学部を目標にしている生徒向けに設定されたクラスです。2年次から文系・理系にコース分けされた中で、それぞれ1クラスを特進クラスとし、より充実した内容の授業が展開できるようにしています。

また、3年次には受験対策講座を設け、授業時間以外の実力養成に重点を置いた選択授業ができるよう午後の時間帯を利用し、センター試験対策を実施しています。

進学・合格実績

進学実績

合格実績
日本大学 他大学
  • 法学部
  • 文理学部
  • 経済学部
  • 商学部
  • 芸術学部
  • 理工学部
  • 生産工学部
  • 医学部
  • 生物資源科学部
  • 薬学部
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 東京理科大学
  • 学習院大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 法政大学
  • 東京薬科大学
  • 明治薬科大学
  • 麻布大学
  • 國學院大學
  • 大東文化大学

進路状況について くわしくはこちら

Q&A

特進クラスに入るには、どのような条件がありますか?

高校入試の結果やクラス編成テストの結果等を踏まえ、希望を募って選考します。豊山中学校出身者と混合で編成されます。

クラスが違っていても、日本大学、難関私立大学推薦に影響はないのですか?

体育クラス、進学クラス、特進クラスとそれぞれ授業、試験が異なりますが、年に数回の実力テスト、共通テストを実施し、総合的に推薦の生徒を決定しますので影響はありません。特進クラスには、いくつかの条件と制限があります。

生徒・先生インタビュー

生徒

生徒インタビュー自分を磨く

私は、特進クラスの2つの強みによって大きく成長することができました。1つ目は大学受験を意識したクラスの雰囲気です。テスト前のみならず日頃から勉強をし、お互いに持っている知識を共有する姿勢は非常に刺激的でモチベーションアップに繋がりました。2つ目は先生方のサポートです。国語が苦手だった私に個人的に課題を用意し添削をしてくださったり、少人数での補習を提案してくださったりととても心強かったです。また日大スピーチコンテストの原稿を作る際は、現代文担当の先生指導のもと日本語から作成したので、ものを書くということについても強くなり、現代文能力の向上に繋がりました。特進クラスで3年間過ごしたことにより、私は飛躍的に成長することができました。

先生インタビュー受験は団体戦!

「受験勉強は一人では頑張りきれない部分もある。だから、クラスメイト同士で仲良く情報を共有しつつも競い合うような関係性を目指そう!特進クラスはいわば代表合宿であり、受験は団体戦!」と生徒たちに繰り返し話してきました。坂入君は学級委員長として、この考えをよく理解し、クラスの雰囲気を作ってくれました。クラスのムードメーカーであるだけでなく、テストで自分がうまくいかなかった場合には、素直に友人にアドバイスを求めていました。また、校内英語スピーチコンテストにクラスから坂入君を含めた3人が出場する際も、唯一出場の経験がある彼は、優勝を狙っているにも関わらず、他の2人に惜しげもなくアドバイスをし、共に練習をしていました。仲間の大切さを知る彼の今後が楽しみです。

先生